2006年09月17日

スピリチュアルな経営戦略

さて、前回少し触れたスピリチュアル・カウンセラーについて。
もちろん、こんな肩書きを名乗ってるのは江原啓之くらいでしょう。
どうして彼らこれほどまでに支持されているのでしょうか。

「彼の声はこころにしみる」
「江原さんの声を聞いているだけで、
あたたかい気持ちになる」

声?
もちろん発言内容も大切なんでしょうけれど、
声について言及する人が多いのが、
何かヒントめいたものを示唆しています。

「人は見た目が9割」

この本を読むとますますその思いが強まります。

しかし、もっと大事なのは、「スピリチュアル」です。
「霊能力」や「心霊」という言葉が持つマイナスのイメージ、
かつてのインチキ騒動につきまとってきた「胡散臭さ」が
すっかり消え失せています。これは見逃せません。

以前、催眠療法というものが流行りました。
ご多分に漏れずインチキ騒ぎで事件化するなど、
悪いイメージが付きまといました。
そこで、ある団体が催眠療法を「ヒプノセラピー」を言い換えました。
すると、支持者が急増、特に女性の支持者が増えました。

スピリチュアルにも同じ事が言えるのではないでしょうか。
これってちょっとしたビジネス戦略ですよね。
見習いたいです(笑

posted by kazuko at 18:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 占いのビジネス戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

東京スター銀行
Excerpt: スター銀行
Weblog: 東京スター銀行
Tracked: 2007-04-03 05:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。